HOME > 製本 > 上製本

上製本

高級感に溢れる書物をご希望なら迷わず上製本をご活用ください!

上製本は、糊でページを固定する並製本と違って、ページをしっかりと糸で固定し、分厚い表紙で覆う耐久性を持った製本方法です。
分厚い小説や辞典、写真集といった、ハードカバーと呼ばれる書物のほとんどは上製本が活用されており、高価で高級感に溢れた書物を作ることができます。
長期の保存にも耐えうることができるため、永きに渡って読まれる書物を印刷する際にはおすすめです。

上製本事例

上製本の特徴は、やはり製本時の高級感に他なりません。糸でページをくくるため耐久性も高く、また厚い表紙で覆うため、他の製本と比較しても仕上がりが非常に豪華です。永きに渡って読み継がれる書物の製本には最適です。

ご相談内容

○○業 ○○社様 上製本○○○○部

ご予算:○○円 納期希望:○週間

歴史のある企業様から、周年記念としての社史の印刷をご依頼いただきました。会社の記念物という意味合いもあるため、「できるだけ豪華なものを作りたい」というご要望だったため、以下のようなご提案を行いました。

Now Printing

ご提案内容

社史や記念誌といった、企業の歴史を編纂した書物には、やはり耐久性があり、かつ豪華な装丁ができる上製本がおすすめです。
当事例の場合、表紙に箔押し加工を施し、さらに豪華さを演出いたしました。

その他並製本事例

  • Now Printing
    上製本は「丸山」「角山」「角背」の三種類に大別できます。お客様のご要望に応じてお選びください。
  • Now Printing上製本の場合、表紙の紙質を変えることで、より一層豪華な書物にすることが可能です。
  • 辞書のように、分厚く、しかも使用頻度の高い書物には、耐久性の高い上製本がおすすめです。

その他の印刷・製本・加工事例もご紹介しております

ページの上部へ

チラシ・ポスターカタログ・パンフレットはがき・ダイレクトメール名刺封筒書籍の印刷はマルトク紙芸にお任せください!

マルトク紙芸は豊富な事例から企業様のニーズに合わせ価値のある印刷製本加工をご提供いたします。

ご相談・お問い合せ