HOME > 加工 > 穴開け加工

穴開け加工

大切な資料や請求書、
ファイリングするなら穴開け加工は欠かせません!

当社ではファイル式のマニュアルや資料、卓上式のカレンダーやルーズリーフ式の資料などを印刷・製本する際、穴開け加工を施しています。
専用の穿孔機を使うことによって、穴の間隔や大きさなどを変更することが可能です。
一つだけ穴を開けたり、バインダーの数に合わせて穴数の多い三十穴加工など、あらゆるパターンに対応いたします。

穴開け加工事例

穴開け加工は、使用するバインダーやファイルの形に応じて自由にお選びいただけます。
JIS規格等の2つ穴を開けることのできる「パンチ穴」や、連続して穴を開けることができる「ドンコ穴」など、あらゆる用途にお使いいただけます。

ご相談内容

○○業 ○○社様 穴開け加工○○○○部

ご予算:○○円 納期希望:○週間

「もっと使いやすい伝票がほしい」というお客様からのご相談をいただきました。
そこで、当社では使用後にも保管できるような、あらかじめ穴開け加工を施した伝票をご提案いたしました。

Now Printing

ご提案内容

あらかじめ伝票に穴開け加工を施すことで、使用した後はファイリング可能な伝票を印刷しました。
また、併せてミシン加工を施し、簡単に切り取りできるようにしました。当事例のように複数の加工方法を施すことで、より使いやすい印刷物を作ることができるのです。

その他穴開け加工事例

  • Now Printing
    はがきの端に一穴を開けることで、店内の棚などに引っ掛けることのできる応募用はがきにすることができます。
  • 資料の端に連続したドンコ穴を開け、バインダーでファイリングすることが可能です。
  • お客様のご要望に応じて、穴の形や数を変更することができます。まずはご相談ください。

その他の印刷・製本・加工事例もご紹介しております

ページの上部へ

チラシ・ポスターカタログ・パンフレットはがき・ダイレクトメール名刺封筒書籍の印刷はマルトク紙芸にお任せください!

マルトク紙芸は豊富な事例から企業様のニーズに合わせ価値のある印刷製本加工をご提供いたします。

ご相談・お問い合せ